水槽新作!
水槽を新たに立ち上げました!  作成工程を紹介しましょう。
①まずからっぽの水槽に素材を入れて構図を決定します。今回は大胆な流木構図に挑戦してみました。
②いったん水槽を空にして、化粧砂をいれる場所と土を入れる場所を紙で仕切ります。バクテリアを含ませた特殊なスポンジを撒いて、その上に土(アクアソイル)を入れます。
③土の上に肥料(パワーサンド)を入れて、さらにその上に土(アクアソイル)を入れます。底床は以上の4層構造になります。
④水槽前面に化粧砂を入れます。今回は僕の好きな”リオネグロサンド”という真っ白い砂を入れました。その名の通り、アマゾン支流のリオネグロ川から採ってきた砂です。
⑤仕切り紙を抜いて、境界線上に石を置いていきます。この石は飾りの役割と共に、土止めの役目も果たします。
⑥流木を組んで、土がちょうど浸るぐらいまで水を張ります。この状態で水草を植栽。今回のレイアウトに用いた水草は、 ウィローモス / ボルビディス / ロターラグリーン / アヌビスナナ / パールグラス、の5種類。 あと追加でクリプトコリネを植えようかと思っています。
⑦水草を植えたあと、水を張って、ヒータ、ライト、フィルターをセットし、バクテリア材を入れて立ち上げ作業完了。
お魚が入るのは、バクテリアが十分に立ち上がってからになります。だいたい2週間後ぐらいになる予定です。
今後、水草の成長と共に、これをハサミでカット(トリミング)する作業を何度か繰り返し、水景は完成に向かいます。だいたい見頃を迎えるのに3~6ヶ月くらいはかかりますかねぇ。 
それから、今回の水槽では、水面上に飛び出た流木に観葉植物を絡ませたいと思ってるんです。今のところアイビーにしようかと思っています。
これからどのように水景が変化していくのか、乞うご期待くださいね。
d0076014_1304575.jpg

                                *画像はクリックで大きくなります
[PR]
by hige-tyoro | 2006-12-04 01:27 | 熱帯魚
<< 演奏会 お仕事 >>