カテゴリ:熱帯魚( 7 )
世界水草レイアウトコンテスト応募!
d0076014_1848888.jpg 「世界水草レイアウトコンテスト」なるものがあるんですが、去年に引き続いて今年も応募してみました。 コンテストの採点項目は、構図/水草の健康状態/レイアウトと魚のマッチング/自然感の演出/維持管理、 と、多岐に渡っていて、上位者は熟年の凄腕プロばかり。応募数は1000件以上。 ちょっと尻込みしてしまうところもあるんですが、がんばって出品してみました。 出品作品は左の60cm水槽で、うっそうとした森をイメージして作ったものです。 
この作品は、当初、コンテスト出品を考えていなくて、”流木サイズが水槽に対して大き過ぎる”等、「高得点を得るためのツボ」をあえて無視して作ってあるんです。 だから順位は期待できないでしょう(早くも言い訳)。 ま、芸術作品なんだから、順位はあまりこだわらなくても良いのです。



この水景の経時変化を振り返るべく、「セット直後」、「セット2ヶ月後」の写真も併せて載せてみました。(上の写真は「セット6ヵ月後」)。 時間の経過と共に水草のボリュームが増し、水景に深みがでる様子がわかると思います。こうした経時変化に付き合うことも水草レイアウト水槽の楽しみなのです。



d0076014_1911331.jpgd0076014_1981314.jpg
           <水槽セット2ヶ月後>                       <水槽セット直後>
[PR]
by hige-tyoro | 2007-06-03 18:37 | 熱帯魚
90cm水槽 新作!
d0076014_22231210.jpg
 90cm水槽の新作を立ち上げました! 水景を構築する作業は、真っ白なキャンバスに筆を走らせるがごとく、すごく創造力がいる作業なんです。 特に水草が茂ったときの情景は予想でしか計ることができないため、難しい。 水草の写真を見ながらあれこれ頭のなかで構想を練るのです。

それで最初、本などを見ながら熱心に構想を練っていたのですが、しかし、どうやってもしっくりといく作品が作れない。もがけばもがくほど、いいものが作れない。それでどんどん煮詰まってしまって、ずっとほったらかしにしていたのです。 
ですがそんなある日、ふと思いつきでちょいちょいと触ってみると、ものの2~3分でこのレイアウトができたんです。 なんだか不思議な気もするのですが、熱帯魚の師匠に話を聞いてみると、そういうことは意外とよくあることらしい。

そうやってできたこのレイアウト、木の根っこをイメージして三角構図で組んでみました。
~ ~ ~ 完成イメージ ~ ~ ~
木の根っこをコケとシダが覆い、その周りには水面を覆い隠すほどの水草がうっそうと茂っている。 茂みにはチェッカーボードシクイッドが潜み、時折顔をのぞかせている。 グリーンロタラから放たれる気泡が光り輝き、 そして表の遊泳スペースには金色の体表ラインが美しいゴールドラインラスボラが群れをなして泳ぎまわる。

この水景の完成予定は半年後の12月頃の予定。 みなさん是非見に来てくださいね。
[PR]
by hige-tyoro | 2007-05-24 22:23 | 熱帯魚
新しき世界へ

d0076014_22273967.jpg90cm水槽をいよいよ作り変えることにしました。 
僕のデビュー作となるこの水草水槽。1年半にわたって長らく目を楽しませてもらいました。 潰してしまうのは惜しいとも思ったのですが、新たな水景を作るワクワクの方が勝ってしまって作り変えることにしたのです。
ちゃんと写真に撮って記録も残してあるし。 いろんな人に見てもらったし。 心残りは、、 ちょっとあるけど、、 でも新たな作品へと足を踏み出したいと思うのです。
で、今日は一日かかって水槽の撤去作業をしました。水を抜いて石や流木を取り出し、水草をとりだし、お魚をすくって土を出し、ピカピカにみがいて終了。と思ったら部屋中あちこち水浸しで雑巾がけ。あ~疲れた。
お魚さんにはとりあえず60cm水槽の方に引っ越してもらいました。 住み慣れた水槽からの突然の引越しで、みなさん緊張の面持ちです。しかも狭くてなんだか居心地が悪そうです。申し訳ない。 新しいお家が完成するまでもうしばらくお待ちを。

d0076014_22244632.jpg
[PR]
by hige-tyoro | 2007-02-12 21:57 | 熱帯魚
新水槽のその後
d0076014_1415393.jpg

新たに立ち上げた水槽のその後です。 
気付いてみれば早や2ヶ月。 水草も随分と茂ってきました。でも完成にはまだまだですかね。
背景に植えたグリーンロタラがもっとこんもりと茂り、流木の半分ぐらいを覆い隠してしまう、それぐらいを狙っているんです。流木の直線的なラインを水草が適度に覆い被さって緩和し、バランスがでてくると構想を練ってあるんです。


d0076014_14173419.jpgそうそう、それから今回の水槽は水面上にも見所があるんです。
水面から飛び出た流木にアイビーをつけてみたんです。 なかなか面白いでしょ?

後はどんなお魚をいれようかと今は思案中です。小さくて群れをつくって泳ぎ、どちらかといえば地味で野性味のあるやつがいいかなと思ってるんです(ブルーアイラスボラが今のところ本命)。

完成したらまたお知らせしますね。乞うご期待です。
[PR]
by hige-tyoro | 2007-02-04 14:15 | 熱帯魚
水槽新作!
水槽を新たに立ち上げました!  作成工程を紹介しましょう。
①まずからっぽの水槽に素材を入れて構図を決定します。今回は大胆な流木構図に挑戦してみました。
②いったん水槽を空にして、化粧砂をいれる場所と土を入れる場所を紙で仕切ります。バクテリアを含ませた特殊なスポンジを撒いて、その上に土(アクアソイル)を入れます。
③土の上に肥料(パワーサンド)を入れて、さらにその上に土(アクアソイル)を入れます。底床は以上の4層構造になります。
④水槽前面に化粧砂を入れます。今回は僕の好きな”リオネグロサンド”という真っ白い砂を入れました。その名の通り、アマゾン支流のリオネグロ川から採ってきた砂です。
⑤仕切り紙を抜いて、境界線上に石を置いていきます。この石は飾りの役割と共に、土止めの役目も果たします。
⑥流木を組んで、土がちょうど浸るぐらいまで水を張ります。この状態で水草を植栽。今回のレイアウトに用いた水草は、 ウィローモス / ボルビディス / ロターラグリーン / アヌビスナナ / パールグラス、の5種類。 あと追加でクリプトコリネを植えようかと思っています。
⑦水草を植えたあと、水を張って、ヒータ、ライト、フィルターをセットし、バクテリア材を入れて立ち上げ作業完了。
お魚が入るのは、バクテリアが十分に立ち上がってからになります。だいたい2週間後ぐらいになる予定です。
今後、水草の成長と共に、これをハサミでカット(トリミング)する作業を何度か繰り返し、水景は完成に向かいます。だいたい見頃を迎えるのに3~6ヶ月くらいはかかりますかねぇ。 
それから、今回の水槽では、水面上に飛び出た流木に観葉植物を絡ませたいと思ってるんです。今のところアイビーにしようかと思っています。
これからどのように水景が変化していくのか、乞うご期待くださいね。
d0076014_1304575.jpg

                                *画像はクリックで大きくなります
[PR]
by hige-tyoro | 2006-12-04 01:27 | 熱帯魚
水槽購入!
d0076014_1102321.jpg
 新たに水槽を立ち上げたいと思い立ち、早速水槽を買ってきました。サイズは60cmで、今ある90cmのやつより2回りほど小さなやつです。
 
 どんな水景にするかあれこれ構想を練っているですが、この作業がとても楽しいのです。流木と石をどのように組んで、どのような水草をどの場所に植えて、そして魚はどんな子を入れようか、、 真っ白いキャンバスに筆を入れるがごとく、想像力をかき立てられるのです。

 今はからっぽのガラス箱ですが、僕の手によりこの中にどんな世界が生み出されるのか、みなさん乞うご期待ください!
[PR]
by hige-tyoro | 2006-11-04 00:02 | 熱帯魚
水槽 初登場!
d0076014_0511477.jpg

去年から熱帯魚を始めました。 一言で「熱帯魚が趣味」といっても、そのスタイルは千差万別。アロワナなど大型魚を飼う人もいれば、繁殖を楽しんだり、グッピーの掛け合わせを楽しむ人もいるでしょう。
そうした中で、僕のスタイルというのは「水草レイアウト水槽」と呼ばれるもので、
水草をレイアウトした水槽にカラシンやラスボラ等の小型魚を泳がせてその情景を楽しむものです。 
大自然を小さな鉢に凝縮して表現する盆栽と同じように、小さな水槽の中に流木,石,砂,水草の素材を用いて”自然さ”を作り出すのです。
同じ魚を鑑賞するにも、ペット屋で水を張っただけの水槽で見るものと、こうした水草レイアウト水槽で見るものとでは魅力がまったく違ってきます。

仕事から帰ってくるとまずこの水槽の前に座って、ぼけーっとお魚達を眺めるのです。なかなかいいもんでしょ? 
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-10 00:50 | 熱帯魚