<   2006年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧
街の灯
 先日、友達と飲んでいる折に「あなたの最も感動した映画は何か?」という話になりました。そして僕が選んだものは、「街の灯」。好きな映画はたくさんあります。インディージョーンズやスターウォーズ、グランブルーやナウシカなどなど。でも”一つだけ選べ”といわれて、すぐに頭に浮かんだのはこの映画でした。 この映画を観たのは僕が19歳のときで、今から10年以上も前のことです。でも未だに心にこびりついていて離れることはありません。 そしてそのときより少し大人になった今、もう一度この映画をみてみました。

d0076014_0221059.jpg
【あらすじ】
街角で偶然出会った盲目の花売り娘に、浮浪者のチャップリンが恋をします。
チャップリンは、初めて出会った折に金持ちの紳士と勘違いされ、その後も、懸命に”金持ちの紳士”を演じようとがんばります。お金を稼ぐために人の嫌がる清掃員の仕事をして、出来もしないボクシングの試合に出る、といった具合です。そしてそんな純粋でひた向きな想いに娘も恋心を抱くようになります。
そんなある日、チャップリンは娘の目が手術により直ることを知り、大金を盗んで(正確には盗んでいない)、逮捕されてしまいます。   
d0076014_0221914.jpg
それから月日が流れ、出所したチャップリンは娘と偶然再会します。 このとき娘はチャップリンのおかげで目が治っており、街角にりっぱな花屋を開いていました。  娘は、目の前の浮浪者が”あの彼”であると知る由もなく、そしてこの浮浪者を哀れに思って一輪の花と小銭を恵んでやろうとします。  感激の眼差しで娘に見入っていた浮浪者は我に帰ってその場を立ち去ろうとするのですが、熱心に手を差し伸べてくれる娘の方を振り返り、花を受け取ります。そしてコインを受けとった瞬間、彼の手に触れた娘の表情がかわります。
「あなたでしたの?」   そしてチャップリンは、「見えるようになった?」と聞き、満面の笑みを浮かべるのです。
d0076014_0222775.jpg

このラストシーンがあまりにも美しく、僕の胸を締め付けるのです。 
喜劇でありながらどこか少し悲しく、そして美しくて涙がでる。 恋愛感情を超えた、この娘に対するひた向きな無償の想いが、とても重くのしかかるのです。
目が見えるようになれば当然金持ちの振りをしている自分の嘘などすぐにばれてしまいます。しかしそんなつまらない考えなど微塵もなく、想いをよせる娘の幸せをなによりも願い、そして目が見えるようになった娘のことを心の底から喜ぶのです。そこに、自分が浮浪者であることがばれてしまった負い目などなく、ただ目が見えるようになった娘のことを心の底から喜んでいるのです。 ラストシーンのチャップリンの笑顔が痛いほどせつなく、本当にすばらしい。
初めて観てから10年以上経った今でも、その感動が色あせることがありません。
みなさんもぜひ一度観てください。
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-31 00:23 | お気に入り
桔梗の花
d0076014_23462556.jpg
 昨日、裏山に散策に行った折に桔梗の花を見つけました。
ただ一輪のみひっそりと咲いていてとても美しく感じました。
摘み取ってしまうにはかわいそうな気がしたのですが、
誘惑にまけて家に持ち帰ったのです。
 僕は観賞用の派手な花は苦手で、野にひっそりと咲く可憐な花が好きなのです。
深い緑の森のなかで自己主張せず、そういう侘びさびの世界に溶け込んで存在する。そんな花が好きなのです。  おねーちゃんも、派手派手で香水臭い人は苦手です。。(なんのこっちゃ)それはさておき、、
その桔梗をさっそく生けてみました。背景に何を用いるか悩んだのですが、
近所に捨ててあった木材を拾ってきて風呂でゴシゴシ洗い、
適当な長さに切って使ってみました。

お気に入りの備前焼でコーヒーを飲みながら、一人で鑑賞会をしました。


d0076014_22363350.jpg
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-27 14:52 | 生け花
カレーコレクション2!
d0076014_2143268.jpg 僕は究極のレトルトカレーを探してコレクションの旅を続けています。(参照
 そんな僕のうわさを聞いて、とある方からレトルトカレーのプレゼントをいただきました。送り主は、”カートメカニックその1”の、お母さま。地元名古屋ならではの”八丁味噌”と”名古屋コーチン”を使ったカレーです。パッケージのデザインもいいですねぇ~。
 この他、高級角煮カレーとスガキヤラーメン、もろキュー八丁味噌をいただきました。
 八丁味噌は僕も大好きです。大阪人の僕ですが、おでんを食べるのなら八丁味噌をつけて食べるに限ります。味噌カツも大好き! そして、八丁味噌カレーは、、 まだ食べていませんが、美味しいに違いない!! お母さま、ありがとうございます!
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-26 21:47 | お気に入り
生けました! part2
d0076014_1925895.jpg

夏休みに買ってきた信楽焼を使って生けてみました。
人生2回目の生け花。
(ん? 花を使ってないので、こういう場合どう呼ぶんでしょ?)。
今回の花器は細長いので、ツタのように垂れ下がって育ち、花もしくは実をつけるものがよいなぁと企んで、裏山に散策にいきました。しかしそんなコジャレタものはなく、getできたのは、ただのツタのみ。

でも、いざ生けてみるとシンプルにまとまってなかなかいい感じです。

元気な緑色がよく映えて、目を楽しませてくれます。
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-26 19:13 | 生け花
生けました!
昨日買ってきたやきもの達を使って写真撮影をしました。
なにかいい素材がないか庭をまわって歩き、もみじの葉とざくろの実をget。飾り付けてみました。 
d0076014_1395413.jpg
 
写真に撮ってみるとよく分かるのですが、飾りつけ,写真の撮り方,背景の演出など、まだまだ未熟ですね。んんん~。これは師匠に教えを乞わねば。
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-18 13:15 | 生け花
お気に入り! ~伊賀焼 信楽焼~
今日はやきもの、伊賀焼と信楽焼を見に行ってきました。
伊賀焼も信楽焼も、基本は釉薬を一切かけず、絵付けもせずにただ焼くことで作られるそうです。窯の中の温度むらや火のかかり具合、灰のかかり具合で生ずる、いわゆる窯変でもって千差万別の表情ができるんだそうです。 その辺は僕の好きな備前焼と同じですね。
d0076014_2224978.jpg

窯の下のほうでは灰が沢山かかるため黒紫色のやきものが、そして上の方では、灰がほとんどかからないため赤茶色のやきものができるんだそうです。
灰がやきものの上に降り積もり、そして溶けて雫のように伝い、あの独特の色ムラができるんだそうです。てっきり上薬を塗っているのかと思っていました。
d0076014_22235214.jpg

信楽といえばやっぱりタヌキですね。そこらじゅうにタヌキのやきものがありました。
で、まず駅前の大きな販売店を尋ねてまわったところ、決まって、機械で型をとって電気窯で焼いた、判を押したような商品ばかり並んでいるのです。しかも明らかに信楽以外のやきものがメインなのです。なんじゃこりゃ?です。 
で、大きな販売店を避け、町のはずれにある窯元を尋ねてまわったところ、やっと昔ならではの手作りの、本当の信楽焼が見つかりました。
そのお店で、抹茶とお菓子を振舞ってもらい、おばあちゃんとお話をしました。
どうやらガセ信楽焼がはびこった理由は、お金儲けに走って、「手間のかかる、歩留まりの低い」本来の信楽焼を捨てて「機械で大量生産、歩留まりの高い、うけのいい模様」に移っていったためだそうです。ここ10年位の話だそうです。おばあちゃんから、「じっくり手元に置いて使ってみてちょうだい。そうすれば本当に愛着のわくものがどういうものかわかるから。そうやって目が肥えれば本当にいいものがわかるようになるから。」とのお話でした。 昨日に続いて、”お気に入りマニア”の僕の心をくすぐる会話です。この後さらにおばあちゃんと1時間ぐらい長話をしていました。
d0076014_23284844.jpg

で、このお店で花器を2つ買いました(右上の二つ)。明日さっそくお花を生けてみたいと思います(人生初挑戦)。どうなることやら。  左の二つは伊賀焼です。伊賀焼は松を薪として用いていて、その灰により生ずる緑色の模様(ビードロと呼ぶそう)が特徴だそうです。 透き通った不思議な色です。
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-17 22:24 | お気に入り
お気に入り! ~お店編~
d0076014_0131431.jpg
今日は奈良にある僕の大好きなお店、「くみるの木」にいってきました。(お店のホームページはこちら
このお店は、”カリスマ主婦”石村由起子さんのお店で、食事の他に雑貨も取り扱っています。
なにからなにまで本当に僕好みのセンスでできていて大好きなお店です。かわいいコケ球があったり、おもしろい焼き物を置いていたり、ちょっとした飾り付けのセンスがおもしろかったり、ケーキが美味しかったり、店員さんの感じがよかったり。
d0076014_1564277.jpg
くるみの木の作者の石村由起子さん、本を出していて、その冒頭に次のようなことを述べています。「昔からモノが好きで・・・  ここに登場するのは「ずっとずっと好きなものいつまでもきっと好きなもの」そういうモノです。宝石ではなく・・・・ 」
なんだかその感覚、よく分かります。僕もお気に入りマニアですから。お気に入りを見つけて集め、そしてそれらに囲まれて生活を送る喜び。そして真のお気に入りとは、すぐに飽きてしまうものではなくて、使うほどに愛着のわくもの。 んんん~、石村さんてどんなおばさんなんでしょ。一度お話してみたい。
d0076014_0361840.jpg
今日はカレーを食べました。その後ケーキとチャイを頂こうかと思っていたのですが、周りがカップルだらけの中で、男一人、黙々とケーキを食べるのは少し気が引けるというか、少しさみしくなったのでやめちゃいました。 食事後気になる雑貨があり、ずいぶん迷った末に購入しました。2つ上の写真中に”購入!"と書いてあるやつです。 家の形をしたやきもので、蚊とり線香入れらしいです(屋根がパカッと取れるのです)。蚊とり線香はにおいが苦手なので代わりに何を入れてやろうか思案中です。
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-17 00:15 | お気に入り
はるた初登場!
さて、レースが終わった僕は大阪の実家に帰省しています。
それで久しぶりにウサギの”はるた”と遊びました(名付け親は妹)。
d0076014_130628.jpg

この”はるた”、実家に帰るたびに着実に太っているような気がします。。 
もうおじいちゃんなのに。。 
”はるた”の周りにはあれこれ品を代えてご馳走が並べられています。 母と妹の愛情の産物なのでしょう。


d0076014_1323651.jpg

目の前でモグモグしている”はるた”にカメラを向けてカシャリ!
「ん?」と一瞬止まります。耳がこっちを向いています。
はるた:「おまえか?おまえが変なことしとるんかいな? 失礼なやっちゃなぁ。」
(イメージは、”動物のお医者さん”の猫)
僕は知らんぷりをしてやります。
そうするとはるたはモグモグを再開。
すかさずもう一度カシャリ!
今度は「ムカ!!」っという顔でにらまれました。
ごめんごめん、もう邪魔しません。
でも太りすぎは気付けよ~。
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-16 01:32 | うさぎ
レース!
8/11~13で、鈴鹿サーキットのレースに出場しました。
d0076014_2322650.jpg

スズカはサーキットの規模、ドライバーのレベル、共に国内トップクラスであり、今回のレースも200台以上のエントリーがありました。スズカは他のサーキットと比較して路面がとてもフラットであり、かつ低速から高速までのコーナーがバランス良く配置されているため、ドライバー,フレーム,エンジンの3要素がすべて揃わなければ勝てません。また練習時とレースで路面状況が大きく変化し、セッティングを出すことが非常に難しいことも特徴です。1周1.264kmのコースを50秒で周回します。平均時速は91km/hになります。
d0076014_23274737.jpg

レーススタート前の状況です。極限までコンセントレーションを高めます。もっとも心拍数があがる瞬間です。
さすがはスズカサーキット、ちゃんとレースクイーンだっています。
制服に演出があって、掲示板を上げると、
はぃ~。
おへそがみえちゃいます。
d0076014_2344599.jpg

この個性豊かな面々が今回のレースのスタッフです。
・メカその1:ビール飲んで顔が真っ赤です。完全に酔っ払いです。(おーい)
・メカその2:同じくビール飲んで寝ちゃいました。(おぉーぃぃ)
・監督(師匠):レースやり続けて30年のおっさんです。僕が現役バリバリの頃は、このおっさんと毎日1時間ぐらい、どうすれば速くなれるのか、勝てるのか、電話でディスカッションをしていました(そんなことをしているから彼女ができなかったんでしょう)。技術知識、心構えはすべてこのおっさんから学びました。尊敬する偉大な師匠です。

そして僕のレース結果は!!
20番台でした。。
昔はトップ争いして当たり前だったんだけどなぁ。。
やっぱり現役を退いてさぼっていた分、結果が正直に返ってきます。
それがレースのいいところであり、残酷なところでしょう。本当に努力し、才能のある人にだけいい結果がくるのです。だからこそ昔あんなに僕も努力したのでしょう。
d0076014_0312571.jpg

レースが終わったらみんなでお決まりの焼肉”みさき屋”へ。
とっても美味しくて安く、大満足のお店です(ちなみにこの日は2時間待ちの大繁盛)。レース関係者がよく来ることでも有名で、お店にはいろんドライバーのサインが飾ってあるんです。
こうして僕のお決まりのレースウイークが過ぎていくわけです。
d0076014_0345663.jpg

[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-14 12:06 | カート
水槽 初登場!
d0076014_0511477.jpg

去年から熱帯魚を始めました。 一言で「熱帯魚が趣味」といっても、そのスタイルは千差万別。アロワナなど大型魚を飼う人もいれば、繁殖を楽しんだり、グッピーの掛け合わせを楽しむ人もいるでしょう。
そうした中で、僕のスタイルというのは「水草レイアウト水槽」と呼ばれるもので、
水草をレイアウトした水槽にカラシンやラスボラ等の小型魚を泳がせてその情景を楽しむものです。 
大自然を小さな鉢に凝縮して表現する盆栽と同じように、小さな水槽の中に流木,石,砂,水草の素材を用いて”自然さ”を作り出すのです。
同じ魚を鑑賞するにも、ペット屋で水を張っただけの水槽で見るものと、こうした水草レイアウト水槽で見るものとでは魅力がまったく違ってきます。

仕事から帰ってくるとまずこの水槽の前に座って、ぼけーっとお魚達を眺めるのです。なかなかいいもんでしょ? 
[PR]
by hige-tyoro | 2006-08-10 00:50 | 熱帯魚