<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
肉じゃが
d0076014_2228568.jpg 実はひげちょろ、ここ1週間ずっとお腹をこわしていたのです。 少しでも何かお腹にいれると、途端に胃がキリキリ and ムカムカと痛み出し、そしてグルグルコースまっしぐら。 それが1週間も続いたのです。はぁ、つらかったぁ。 原因はなんだったんでしょう? (結局病院は行かず) 

それで、今日やっとお腹が治ったのです! 健康ってすばらしい! めでたい!
ということで久しぶりにご飯を作ってみました。
何を食べたいかと考えをめぐらし、真っ先に浮かんだのは肉じゃが。 早速いいお肉を買ってきて作りました。 そしてビールも1週間ぶりに解禁!お味のほうは、さすがひげちょろ、我ながらなかなかいい出来でした。

おいしくご飯を食べれるって本当に幸せです。 
[PR]
by hige-tyoro | 2007-03-24 22:29 | お気に入り
ピアノ会
d0076014_23313830.jpg
どうも最近、ひげちょろの身辺ではピアノの話題がホットです。 
過去の記事「初めての発表会」がきっかけで、ピアノ好きの友人らとピアノサークルを立ち上げようと話が持ち上がり、それで昨日、この狭いひげちょろの部屋で総勢8人のピアノ会が開催されたのです。

「メインは飲み会」なんてことを言いながら、ちゃんと一人ずつ、みんなの前で演奏を披露したんです。 

それでひげちょろが弾いたのは、坂本龍一の”戦場のメリークリスマス”と、ドビュッシーの”アラベスク1番”。 ひげちょろの定番曲。ですが酔いと緊張で、ずいぶん千鳥足の演奏になっちゃいました。 ははは。 まぁブランクが長いからしょうがないか。 ははは。 でもちょっと悔しいからこっそり練習しちゃおうか。 

まぁそんなことはさておき、みんなのピアノ生演奏を聴けてよかったよかった。 
演奏を聴くこと自体が楽しいのはもちろん、演奏を通じてその人の人柄をより深く知ることができ、もっと仲良くなれるんじゃないかとひげちょろは思うわけです。

それからこのピアノ会ではみんなで仲良く晩御飯を食べました。
タイ風カレーにサラダ、プリンと、おいしい手作り料理を用意してもらってみんなどうもありがとう。 またぜひ集まりましょうね。
[PR]
by hige-tyoro | 2007-03-18 23:12 | ピアノ
ピアノの思い出
d0076014_083751.jpg電機メーカー勤務なのに家電製品にまったく疎いひげちょろ、そんな僕がめずらしくiPodを買ったのです。こんなに小さいのに2万曲も入るそうな。はぁ大したもんだ。時代の進歩はすごいものです。
それでさっそく、CDを片っ端から棚から引き出し、iPodに落としていたのですが、あるCDに手が伸びたところで、ふっと昔の思い出が胸をよぎったのです。 曲はベートーベンの熱情ソナタ。


これは僕が大学に入ったばかりの頃の話。 その当時、僕にはピアノサークルの先輩で、ある憧れの女性がいたのです。 その人はとても物静かでやわらかな雰囲気をもち、なんとも言えないやさしさで心を満たしてくれるような、そんな魅力を持つ人でした。 僕は月日を重ねるごとにその人に対する想いを募らせていったのですが、そんな僕の恋心を決定的にしたのは、演奏会でのその人の演奏でした。 曲目はベートーベン ピアノソナタ 熱情 第1楽章。
ベートーベンの曲のなかでもことのほか激しく、”熱情”との題目がぴったりなこの曲。 それを、あのやさしくて物静かな先輩が、普段決して見せることのない心の奥底にある感情を強く激しくほとばしらせ、演奏したのです。本当に、本当に素敵でした。

そうしてそれ以降、大学からピアノを始めたばかりでへたっぴの僕は、少しでもあの憧れの先輩と近しい存在になりたいと願い、そのためにピアノを上手くなるんだと決心して毎日何時間も練習をするようになりました。5時間でも6時間でも練習しました。 目標は、一年後の演奏会でショパンの幻想即興曲を、あの人のために弾くことです。初心者がいきなりこの曲を弾こうとするなんて馬鹿げているのですが、でもそう決めたのです。 

そうしてその一年後。僕は本当に幻想即興曲を演奏会で弾きました。一途な強い気持ちがあったからこんながんばりができたのでしょう。このときの経験は今でも僕の財産になっていると思います。


そして、ぼくの恋の行方がどうなったかは、     もちろん秘密。
[PR]
by hige-tyoro | 2007-03-04 23:59 | ピアノ