クリスマス
d0076014_23213816.jpg

今日はクリスマス。 みなさんいかがお過ごしでしょうか?

この前友人と集まった時に、

子供の頃にサンタを信じていたかどうか、話をしたのです。

みなさんはどうです? 信じてました?   

それで、でっかい靴下つるしてたんですかね? 

そしてその日はわくわくして普段よりぐんと早く目が覚めたんですかね?

ちなみに僕はどうだったかというと、、    やっぱり秘密にしておきましょう。 

それではみなさん、よいクリスマスを。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-12-25 23:17
演奏会
d0076014_2251663.jpg今日は友達が伴奏を務める、合唱団の演奏会を聴きにいってきました。 大学の小さな部の演奏会で、みんなの歌声をほのぼのと聴かせてもらいました。   演奏終了後ロビーにでると、出演者のしゃべり声や笑い声、晴れやかな笑顔でロビー全体がなんともいえない熱気に包まれており、その光景がとても印象的でした。   僕も学生の時にピアノ演奏会で同じことを経験していて、みんなの今のその気持ち、よく分かるんです。出演した者だけが共有できる特別な感情があるんですよね。きっと大切な思い出になることでしょう。 そして、もるやん、伴奏おつかれさまでした。 打ち上げのビールは美味しかったですかね?

p.s. 演奏会後、ホールの近くのお店でヤクベルを発見! カランコロンととってもいい音がします。すぐに気に入って3つ買いました。 玄関に付けておいたので我が家を訪問する際には耳を澄ましてくださいね。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-12-17 22:05 | ピアノ
水槽新作!
水槽を新たに立ち上げました!  作成工程を紹介しましょう。
①まずからっぽの水槽に素材を入れて構図を決定します。今回は大胆な流木構図に挑戦してみました。
②いったん水槽を空にして、化粧砂をいれる場所と土を入れる場所を紙で仕切ります。バクテリアを含ませた特殊なスポンジを撒いて、その上に土(アクアソイル)を入れます。
③土の上に肥料(パワーサンド)を入れて、さらにその上に土(アクアソイル)を入れます。底床は以上の4層構造になります。
④水槽前面に化粧砂を入れます。今回は僕の好きな”リオネグロサンド”という真っ白い砂を入れました。その名の通り、アマゾン支流のリオネグロ川から採ってきた砂です。
⑤仕切り紙を抜いて、境界線上に石を置いていきます。この石は飾りの役割と共に、土止めの役目も果たします。
⑥流木を組んで、土がちょうど浸るぐらいまで水を張ります。この状態で水草を植栽。今回のレイアウトに用いた水草は、 ウィローモス / ボルビディス / ロターラグリーン / アヌビスナナ / パールグラス、の5種類。 あと追加でクリプトコリネを植えようかと思っています。
⑦水草を植えたあと、水を張って、ヒータ、ライト、フィルターをセットし、バクテリア材を入れて立ち上げ作業完了。
お魚が入るのは、バクテリアが十分に立ち上がってからになります。だいたい2週間後ぐらいになる予定です。
今後、水草の成長と共に、これをハサミでカット(トリミング)する作業を何度か繰り返し、水景は完成に向かいます。だいたい見頃を迎えるのに3~6ヶ月くらいはかかりますかねぇ。 
それから、今回の水槽では、水面上に飛び出た流木に観葉植物を絡ませたいと思ってるんです。今のところアイビーにしようかと思っています。
これからどのように水景が変化していくのか、乞うご期待くださいね。
d0076014_1304575.jpg

                                *画像はクリックで大きくなります
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-12-04 01:27 | 熱帯魚
お仕事
d0076014_0382022.jpg 今回は僕の仕事の話を少しばかり。
木々に青色の照明が飾り付けられているのをよく目にします。この照明はLEDと呼ばれるもので、”半導体”と呼ばれる”石”に電気を流すことで発光しているのです。ちょっとイメージが沸かないかもしれませんが、現実にそんな不思議な石があるのです。 石の種類によって光の色が変わり、赤や赤外、青などがあります。
LEDは製造コストがまだ高く、街角のイルミネーションや携帯電話、信号機など、一部の限られた用途にしか使われていません。 でもLEDは蛍光灯や電球と比べて小さく作れて長持ちし、電気代を安くできる強みがあって、きっと数十年先には、蛍光灯や白熱電球がすべてこのLEDに置き換わるのではないかと予想されています。
それで、僕はこの”不思議な石”の研究をしているんです。毎日石を作っては、どのくらいよく光るか、どのくらい長持ちしそうか、出来具合を確かめてはもっと上手く作る方法はないかと頭を悩ましているのです。 
買い物に出た街先で青色に光るイルミネーションを目にし、自分の仕事と社会の接点をふと感じたのでした。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-11-27 00:38
エスプレッソ
d0076014_0552867.jpg先日、家電屋さんに行った折に、会社の同僚がエスプレッソマシンを欲しがっていたのを思い出し、どんなものかと買い物ついでに見学してきました。
店内を探すとちゃんとありました。なんだか大そうな格好をしていて、いかにも美味しいコーヒーが作れそうです。 そしてあちこち触っているうちに、だんだん、”間違いなく美味しいコーヒーが作れる”と謎の確信まで沸いてきます。しまいには、今はやりのオーラまで見えるような気がしてきます。一応、自分が騙されやすい性格であることを自覚しているため、この場はいったんおとなしく帰宅。 がしかし、我慢は数時間しか続かず、やっぱり購入!
それでエスプレッソをさっそく作ってみました! 感想は、、「エスプレッソって、こんなに量が少ないんだ。。」 んー、少ない。一口で終わりじゃないか。美味しいんだけど。何を当たり前のことを今さら、と思いつつも、少ない。  それでカプチーノも作ってみたのですが、こちらはみるみるアワアワになっていく様が面白い。結構「へぇ~」と唸らされるものがあります。
 
味見をしてみたい方はぜひぜひ我が家までお越しくださいませ。
(左の写真は昨日拾ってきた蓮のドライフラワーです。壁に飾りつけてみました。)
d0076014_0593322.jpgd0076014_0594150.jpg
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-11-20 00:55 | お気に入り
子供の頃の思い出
d0076014_15541088.jpg昨日getしてきた素材を使って生けてみました。  黄色い葉っぱがかわいくて、なかなかお気に入りです。

最近あらためて思うことは、生け花にしても、水槽の水草レイアウトにしても、園芸にしても、野山の一部を切り取って凝縮したような、”自然さ”が感じられる作品が僕の好みなのです。いわゆる”侘び寂び”の世界と言えばいいのでしょうか。
だから、作品を作る際にはできるだけ人工的な要素を排除するよう知らず知らずのうちに本能が働きます。

なぜこのような感性を持つようになったのか、また、そもそもなぜ緑のある生活に憧れるのかと考えてみると、おそらく子供の頃に過ごした環境が大きく影響しているのではないかと思うのです。

僕は子供の頃、近所の川で毎日のように遊んでいました。 その川は、父も、祖父も子供の時に遊んだ川で、僕も同じようにそこで遊んだのです。 川にじゃばじゃば入って網や手づかみで魚をとり、水槽にいれて泳ぐ姿を眺めることが何よりの楽しみでした。また、夏にはクワガタを取りによく雑木林にも行きました。このように僕の身の回りに常に自然があったのです。

子供の頃に慣れ親しんだ自然風景が僕の記憶の底に残り続け、原風景となって今の僕の感性を形成しているように思うのです。
 
僕が遊んだこの川は、今は河岸工事されてコンクリートだらけの川となり、また工業排水により汚染されてもはや”自然さ”は失われてしまいました。幼い頃の思い出をつぶされたような気がしてとてもさみしくなります。また、自分のことを例として逆説的に考えると、子供の時に自然と関わる機会がなければ、自然をいつくしむ心は育たず、日本特有の”侘び寂び”といった感性や、真に”エコ”を考える人間が減るのではないかと心配するのです。 
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-11-19 15:28 | 生け花
紅葉
d0076014_15562487.jpg





今日は久しぶりに休日出勤したのですが、仕事が午前中に終わり、午後のちょっとした時間が空いてしまいました。

それでのんびりと田舎道を散策しながら帰ったのですが、そうすると真っ赤に紅葉したツタを発見! このほかにも黄色に紅葉した草木や、枯れてひからびた蓮の花など、すてきな生け花素材をあれこれ発見! ちょっとご機嫌です。

通りすぎる人から不審の目で見られながらも、草むらにごそごそと入ってgetしてきました。


たくさんgetした素材のうち、まずはツタを使って生けてみました。とてもカラフルで見栄えがしますね。

夏に同じくツタを使って生けたことがあるのですが、そのときの作品と見比べてみるのも一興です。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-11-18 14:11 | 生け花
紅葉!
d0076014_14541117.jpg 
 ミニ盆栽たちが紅葉を始めました。  紅葉をまっさきに迎えたのは写真にある”はぜ”です。数日前に紅葉の見頃を迎えていたのですが、風の強い日があって、葉っぱがずいぶんと落ちてしましました。 もっときれいだったのに、、撮影の期を逃して残念。

あと”もみじ”と”うすの木”があるのですが、こちらはあと少しで紅葉の見頃を迎えそうです。

盆栽も生け花も草木を楽しむことには違いないのですが、盆栽はずっと手元に置いて四季の移り変わりを見て楽しむことができ、とても愛着がわくところが気に入っているところです。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-11-12 14:52 | 園芸
水槽購入!
d0076014_1102321.jpg
 新たに水槽を立ち上げたいと思い立ち、早速水槽を買ってきました。サイズは60cmで、今ある90cmのやつより2回りほど小さなやつです。
 
 どんな水景にするかあれこれ構想を練っているですが、この作業がとても楽しいのです。流木と石をどのように組んで、どのような水草をどの場所に植えて、そして魚はどんな子を入れようか、、 真っ白いキャンバスに筆を入れるがごとく、想像力をかき立てられるのです。

 今はからっぽのガラス箱ですが、僕の手によりこの中にどんな世界が生み出されるのか、みなさん乞うご期待ください!
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-11-04 00:02 | 熱帯魚
新米
d0076014_13425896.jpg 実家から新米が届きました! 早速、宅急便の箱を空けるとなぜか2種類のお米が入っていました。 ラベルに、「100%我が家米:天日干し」、「富田林ブレンド米:乾燥機干し」と書いてあります。
 内容を解説すると、我が家では、自分達が食べる分のお米は手間隙のかかる天日干しにし(100%我家米:天日干し)、 余った分を乾燥機干しにして農協に売っているのです。そして農協では各農家から買い取ったお米をまぜこぜにして、ブレンド米として出荷しているのです(富田林ブレンド米:乾燥機干し)。
この2種類のお米を送ってきたのです。 「食べ比べてみぃーな」ということです。さすが我が母。
で、食べ比べてみると、やっぱり「100%我が家米:天日干し」の方が明らかに美味しいのです。甘みが強くてすっきりとした味なのです。それに比べて「富田林ブレンド米:乾燥機干し」の方は甘みが少なく、古米が混じっているような風味がするのです。

食べ比べの感想を言いに実家に電話をかけると、バーさんが出て、なんと父母は先週からイタリアに旅行にいっているとのこと。 んー、僕の知らない間に豪勢に遊んでおります。あの二人。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-10-29 13:39 | お気に入り