あめもよう
d0076014_3432240.jpg

今日は朝から雨模様

ベランダの居候

カメラでカシャリ
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-16 12:30 | 写真
続・桔梗の花
d0076014_2222139.jpg 先日、裏山から桔梗の花を摘んできたことを紹介しましたが、実はこの桔梗、環境省が”絶滅危惧種”に指定していることが分かったのです。
  
  ~以下、環境省レポートを抜粋~
 「近年は都市近郊の宅地化など環境破壊により数が激減。年平均減少率60%、100年後はほぼ100%の確率で絶滅すると見られている。」

 で、なんと新潟県ではすでに絶滅しているんだそうです。それで、僕の住んでいる広島県はどうかと調べてみると、なんと”生息不明”となっていたんです。
 うっ! ということは、もしや僕の発見は学術的にものすごい発見だったのでは? 発表したら生涯2回目の新聞登場か?

 ん? というか、わし、絶滅の危機の花を摘み取ってもうたがな!  えらいこっちゃやがなー!!  ばれたら逮捕か? それで犯人として新聞登場か? やばい。 それはやばい。
とりあえず、この場を借りて深くお詫びいたします。 桔梗さん、ごめんなさい。もうしません。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-14 00:40 | 生け花
朝ごはん
d0076014_0365935.jpg僕の朝は、結構忙しいのです。
起きたらまずベランダの園芸に水をやって、みんなの元気度をチェック。そしてメダカにご飯をあげて食べっぷりを観察。
で、顔を洗って服を着替えて、朝ごはんを持って車で出勤(車の中で食べるのです)。起きてから家を出るまでの時間は約15分!  もうちょっと早起きをせねばと思いつつ、この習性は小学生の時からかわっていません。 ついつい眠くて眠くて。。
で、今日の写真はその忙しい朝にパシャリと撮ったもの。 いい斑点出てます。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-13 00:34 | 写真
広島県竹原のダースベイダー
d0076014_064913.jpg

今回は特に言うことはありません。タイトル通りっす。
そう見えちゃったんです。  ぱっと見た瞬間、一人でボソッとそうつぶやいてしまったんです。
みえなくもないでしょ?
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-12 00:09 | 写真
Michael Schumacher
d0076014_22334322.jpg
 今日のF1イタリアGPにて、ミハエル・シューマッハが今シーズン限りでの引退を発表しました。
F1デビュー時から彼のレースをずっと見続けてきた僕にとって、今日の引退はとても感慨深いものがあります。
 彼のすごさは、単にドライビングテクニックが優れているだけでなく、どんな逆境でも決して諦めない心の強さ、集中力の高さとその持続力、強靭な体力、明晰な頭脳、自分の感情をコントロールする力、そして周りのスタッフをやる気にさせるリーダーシップ、それらすべてを持っていることでした。 
 そして何より僕がすごいと思うのは、勝つために恐ろしいほどの努力を行っていることと、それを可能にするモチベーションの高さです。
 僕もレースをかじってみて初めて分かったのですが、自分に対していっさいの妥協なく努力をし続けるということは無茶苦茶しんどいことです。人間だれでも「まぁ、これぐらいでいいか。。」と自分に対して甘えがでるものだと思います。それを跳ね除けてよくぞ今までトップドライバーとしてやってこれたものだと思います。どれほどの努力をしてきたのか想像できません。
 今シーズンに入る前、彼は「できることはすべてやった。今シーズンは進退をかけて戦う」と述べていました。 出来うる限りの準備をし、そして全力でレースを戦ってみて、彼はもう昔のように走れないこと、若いアロンソに敵わないことをきちんと知ったんだと思います。そして引退を決意したんだと思います。引退を述べる彼の顔はいい表情だったと思います。
僕もそうした真正面からぶつかるような生き方ができればなぁ、と憧れるのです。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-11 00:17 | カート
広島県 三原市 ~その2
d0076014_23124529.jpg今日は昼からどんより曇り空でした。
雨が今にも降りそうで、これがなかなか降りません。
ちょっと悩んだ後、洗濯は中止しました。

途中、猫ちゃんの集会場所を発見。全部で7匹もいました。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-09 23:28 | 写真
広島県 三原市 ~その1
d0076014_2322690.jpg 昨日、カメラを持って街をぶらぶらと歩いてみた折に、カメラ越しの世界が普段目にするものとまったく異なっていることが分かりました。 
目に飛び込む光景自体は同じであるに違いないのですが、カメラを持つか否かで意識に残る風景が全く違ってくるのです。
 これは大きな発見です。そのことが面白くなってしまって、今日は自分の住んでいる、よく見慣れた街をカメラで覗いてみることにしました。 
いたるところに面白い構図が隠れていて、それを見つけてやろうと僕の感性がときめくのです。
d0076014_2329175.jpg
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-09 23:12 | 写真
ぶらり旅~広島県 竹原市忠海
d0076014_022177.jpg
 昨日は仕事が午前で終わりであったため、ぶらりと隣町に散歩にいきました。
 会社からわずか15分程度の場所なのですが、帰宅方向と逆向きなのでまだ数回しか訪れたことがありません。
 距離は近いのですが、山を越えると目の前に瀬戸内海が広がり、雰囲気がいっぺんに変わります。
 ここに限らず、海沿いの町はなんとなくあけっぴろげな雰囲気がするように感じます。 
歴史の古い町だそうで、江戸時代の街並みが一部残っていました。
そちらの紹介はまた後日。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-09 10:31 | 写真
物産展フィギィア
少し前の話になるのですが、エビスビールのおまけで”物産展フィギィア”なるものがありました。それでスーパードライ派の僕でしたが、しばらくエビスビールに乗り換えたのです。
d0076014_934361.jpg
 この”おまけ”とは不思議なもので、当初たいして興味がなくとも、なんとなく全種類集めたくなってしまうのです。そうして買い進めるうちに、「これ、物産かいな?」というものがいくつかでてきました。その最たるものが、「秋田小町」と「別府温泉」です。 
 ・秋田小町:秋田の美人を指す。
 ・別府温泉:日本一の湧出量を誇る温泉。泉質は放射能泉以外の10種類。
物産か?  まぁ堅いことは抜きにして、「秋田小町」と「別府温泉」のフィギィアはどちらもおねーちゃんです。男だったらとりあえず正面から見てみたくなりますよね? はい。
で、正面からの写真も撮りました! ジャン!!
 ・「別府温泉」:残念! ポロリはナシです。
 ・「秋田小町」:うっ。ちょっとこわ。。
以上。
d0076014_9345112.jpgd0076014_9345971.jpg
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-09-03 00:12 | お気に入り
街の灯
 先日、友達と飲んでいる折に「あなたの最も感動した映画は何か?」という話になりました。そして僕が選んだものは、「街の灯」。好きな映画はたくさんあります。インディージョーンズやスターウォーズ、グランブルーやナウシカなどなど。でも”一つだけ選べ”といわれて、すぐに頭に浮かんだのはこの映画でした。 この映画を観たのは僕が19歳のときで、今から10年以上も前のことです。でも未だに心にこびりついていて離れることはありません。 そしてそのときより少し大人になった今、もう一度この映画をみてみました。

d0076014_0221059.jpg
【あらすじ】
街角で偶然出会った盲目の花売り娘に、浮浪者のチャップリンが恋をします。
チャップリンは、初めて出会った折に金持ちの紳士と勘違いされ、その後も、懸命に”金持ちの紳士”を演じようとがんばります。お金を稼ぐために人の嫌がる清掃員の仕事をして、出来もしないボクシングの試合に出る、といった具合です。そしてそんな純粋でひた向きな想いに娘も恋心を抱くようになります。
そんなある日、チャップリンは娘の目が手術により直ることを知り、大金を盗んで(正確には盗んでいない)、逮捕されてしまいます。   
d0076014_0221914.jpg
それから月日が流れ、出所したチャップリンは娘と偶然再会します。 このとき娘はチャップリンのおかげで目が治っており、街角にりっぱな花屋を開いていました。  娘は、目の前の浮浪者が”あの彼”であると知る由もなく、そしてこの浮浪者を哀れに思って一輪の花と小銭を恵んでやろうとします。  感激の眼差しで娘に見入っていた浮浪者は我に帰ってその場を立ち去ろうとするのですが、熱心に手を差し伸べてくれる娘の方を振り返り、花を受け取ります。そしてコインを受けとった瞬間、彼の手に触れた娘の表情がかわります。
「あなたでしたの?」   そしてチャップリンは、「見えるようになった?」と聞き、満面の笑みを浮かべるのです。
d0076014_0222775.jpg

このラストシーンがあまりにも美しく、僕の胸を締め付けるのです。 
喜劇でありながらどこか少し悲しく、そして美しくて涙がでる。 恋愛感情を超えた、この娘に対するひた向きな無償の想いが、とても重くのしかかるのです。
目が見えるようになれば当然金持ちの振りをしている自分の嘘などすぐにばれてしまいます。しかしそんなつまらない考えなど微塵もなく、想いをよせる娘の幸せをなによりも願い、そして目が見えるようになった娘のことを心の底から喜ぶのです。そこに、自分が浮浪者であることがばれてしまった負い目などなく、ただ目が見えるようになった娘のことを心の底から喜んでいるのです。 ラストシーンのチャップリンの笑顔が痛いほどせつなく、本当にすばらしい。
初めて観てから10年以上経った今でも、その感動が色あせることがありません。
みなさんもぜひ一度観てください。
[PR]
# by hige-tyoro | 2006-08-31 00:23 | お気に入り